FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咬合採得と印象採得【歯科動画】

誰でも歯の治療で、ピンクのグニャッとしたものを口の中に入れて、歯の型取りをしたことがあると思います。
あれはアルジネート(アルギン酸)印象材といいます。
歯の治療では何かと歯の型取り(印象採得)をすることが多いので、新人歯科助手の方は印象の練和が出来るようになれば仕事の幅がグンと広がりますよ。
それに、研修期間終了後に本採用されるためには、1つでも多くの仕事を1日でも早くマスターすると有利です。

私が初心者歯科助手の頃は、自宅での勉強で印象の練和の動画も見ました。
動画も心強い教材の1つです。
ただ、動画の解説でも、どうしても不十分な点がありますが、そこは前回紹介した本の解説で補えました。

咬合採得と印象採得の動画(You Tube 印象.mp4)

ランキングに参加しています。
こちらもクリックお願いします!
にほんブログ村 就職バイトブログへ
にほんブログ村



前の記事 歯科助手の本を比較<インレー・印象>
次の記事 ポイントとバーの違い 覚え方

関連
印象材を初めて練った時のこと
インレーの手順
まず覚えたい歯科用語
スポンサーサイト

テーマ : 仕事の話あれこれ♪
ジャンル : 就職・お仕事

インレーの手順

インレー(銀の詰め物)は1回の治療では終わりません。
治療では、必要に応じて麻酔をし、歯を削って歯型を取り(印象をとり)、詰める銀歯を作って装着します。
・インレーとは
・まず覚えたい歯科用語(【印象imp:インショウ】)


<<インレーの手順 1回目>>
麻酔をする
 ↓
歯を削る
 ↓
インレー(In:銀の詰め物)を詰めるところの歯の型取りをする(印象を採る)
 ↓
上下の歯の噛み合わせ(バイト)を調べる(咬合採得)
※私の勤め先ではパラフィンワックスという赤い小さい板状のものを
患者さんに噛んでもらう
※ワックス、バイトワックスとも呼ぶ
 ↓
インレーができるまで(次回治療まで)の仮り詰めをする(仮封)
※私の勤め先では主にデュラシールで仮封
(咬咬合紙で噛み合わせをみる)
 ↓
上下噛み合う相手の歯(対合歯)の歯型をとる(印象を採る)
※アルジネート印象材(アルギン酸塩印象材)というピンクの粉と水を混ぜて手早く練る
 ↓
今日の治療はこれで終わり


<<インレーの手順 2回目>>
仮り詰め(仮封)したものを取りはずす
取り外したた所をきれいにする
 ↓
インレーを仮付けしてみる(試適 してき)
※削って微調整
 ↓
インレー(銀の詰め物)をセット(合着)する
※グラスアイオノマーセメント、スーパーボンド、SAルーティング等で接着
 ↓
セメントが硬化したら余剰セメントをきれいに除去
 ↓
この歯のインレーはこれで終わり



ランキングに参加しています。
クリックお願いします!
にほんブログ村 就職バイトブログへ
にほんブログ村


前の記事 CR手順
次の記事 歯科助手の本を比較<インレー・印象>

・サイバーデンタル(インレー)

テーマ : 医療業界
ジャンル : 就職・お仕事

CRの手順

関連記事 CRとは

CR充填(レジン充填 レ充)治療手順は、私が買った2冊の本に書かれていました。
でも無知識で勉強を始めたので、もっと事細かに覚えたいと思いました。
それこそ準備する物全部や、どのタイミングで何を渡すかなど、メモと記憶では不十分なこともあって、本で確認できたらいいなって思いました。
もちろんネットでも検索しましたよ。
本を買わなくてもネット検索で良いのでは?とか思いました。
でもどのサイトも同じことばかり書いてあるし、求めている内容を探すのにすごく時間がかかるし・・・。
さらには勤め先での手順と若干違っていたり・・・。
歯科知識を勉強し始めたばかりだと、若干の違いにも戸惑いますよね。
だから本を手元に1~2冊持っておいて、仕事のメモと記憶と本で勉強するのが結局1番はかどりました。
もちろん本でも勤め先と違う部分があるけど、たくさんの情報に振り回されないので逆に良かった気もします。
そういう意味では、通信教育で何ヶ月間か歯科助手資格の勉強をするのもアリだと思います。
テキストがしっかり揃っていますしね。


私が使用して良かった本「ステップアップ歯科助手ガイドブック 第2版」には、手順に沿って歯の写真や準備する物が載っていました。
そして「新人歯科衛生士・デンタルスタッフポケットマニュアル」には、手順に沿って使用する物の写真や何を手渡すかが載っていましたので、この2冊は有難かったです。

この2冊を見比べてると両方を補う内容が多くみられたので、2冊買って正解だったと今でも思っています。
詳細→自宅学習で役立った本


<<CR(コンポジットレジン)充填の手順>>
歯を削る
 ↓
ボンディング(ボンドを塗る)
 ↓
塗った所に光照射(10秒)
※この光をジッーと見るのは目に良くない
 ↓
ストリップスを挟む
※前歯などの時に使用
※ストリップスとは、粘着性のないセロテープみたいなもので、
隣の歯とくっつかないようにする為
 ↓
ボンディング(ボンドを塗る)
 ↓
(シェードテイキング(色合わせ))
 ↓
CR(コンポジットレジン)充填
 ↓
充填した所に光照射(40秒)
※この光をジッーと見るのは目に良くない
 ↓
咬合紙で高さ(噛み合わせ)をみる
※歯によっては使いません
 ↓
研磨
イラストあり

プラズマ照射器を使用している場合は5~10秒で済むそうです。
ネットで調べるとこのような予備知識も知ることができますが、新人の私としては自分の勤め先の方法を優先的に覚えたいので、本で復習して実務で再確認や質問をするパターンが多かったです。

ランキングに参加しています。
クリックお願いします!
にほんブログ村 就職バイトブログへ
にほんブログ村


前の記事 印象材を初めて練った時のこと
次の記事 インレーの手順

関連
まず覚えたい歯科用語(【CR:シーアール】)
研修期間のエピソードと勉強内容



テーマ : お仕事記録
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

むっちゃん072

Author:むっちゃん072
虫歯治療などでお世話になる「近所の歯医者さん」的な歯科医院に未経験・無知識で就職(パート)しました。
歯科はについては、歯科知識や専門用語、治療の流れ等も全く知らなかったので悪戦苦闘しましたが、今はようやく安定して歯科助手の仕事を続けています。

リンクフリー
相互リンク募集中

カテゴリ

[PR]

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

[PR]

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。