FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インレーの手順

インレー(銀の詰め物)は1回の治療では終わりません。
治療では、必要に応じて麻酔をし、歯を削って歯型を取り(印象をとり)、詰める銀歯を作って装着します。
・インレーとは
・まず覚えたい歯科用語(【印象imp:インショウ】)


<<インレーの手順 1回目>>
麻酔をする
 ↓
歯を削る
 ↓
インレー(In:銀の詰め物)を詰めるところの歯の型取りをする(印象を採る)
 ↓
上下の歯の噛み合わせ(バイト)を調べる(咬合採得)
※私の勤め先ではパラフィンワックスという赤い小さい板状のものを
患者さんに噛んでもらう
※ワックス、バイトワックスとも呼ぶ
 ↓
インレーができるまで(次回治療まで)の仮り詰めをする(仮封)
※私の勤め先では主にデュラシールで仮封
(咬咬合紙で噛み合わせをみる)
 ↓
上下噛み合う相手の歯(対合歯)の歯型をとる(印象を採る)
※アルジネート印象材(アルギン酸塩印象材)というピンクの粉と水を混ぜて手早く練る
 ↓
今日の治療はこれで終わり


<<インレーの手順 2回目>>
仮り詰め(仮封)したものを取りはずす
取り外したた所をきれいにする
 ↓
インレーを仮付けしてみる(試適 してき)
※削って微調整
 ↓
インレー(銀の詰め物)をセット(合着)する
※グラスアイオノマーセメント、スーパーボンド、SAルーティング等で接着
 ↓
セメントが硬化したら余剰セメントをきれいに除去
 ↓
この歯のインレーはこれで終わり



ランキングに参加しています。
クリックお願いします!
にほんブログ村 就職バイトブログへ
にほんブログ村


前の記事 CR手順
次の記事 歯科助手の本を比較<インレー・印象>

・サイバーデンタル(インレー)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 医療業界
ジャンル : 就職・お仕事

コメント

Secret

プロフィール

むっちゃん072

Author:むっちゃん072
虫歯治療などでお世話になる「近所の歯医者さん」的な歯科医院に未経験・無知識で就職(パート)しました。
歯科はについては、歯科知識や専門用語、治療の流れ等も全く知らなかったので悪戦苦闘しましたが、今はようやく安定して歯科助手の仕事を続けています。

リンクフリー
相互リンク募集中

カテゴリ

[PR]

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

[PR]

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。