FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯科助手の本を比較<インレー・印象>

これまでの記事で何度もお勧めしていますが、私が実際に買って歯科助手の勉強をした2冊の本は「当たり」でした。
それぞれタイトルが「歯科助手」「デンタルスタッフ」とあるだけに、内容は重複していますが、内容はそれぞれを補うかのようでした。
それで今回は、インレーと印象についてそれぞれの本がどうだったかを比較します。

◆「ステップアップ歯科助手ガイドブック第2版」

楽天ブックス 送料無料
アマゾンでも取り扱い有

◆「新人歯科衛生士・デンタルスタッフポケットマニュアル」

 楽天でも取り扱いあり

【インレー】
「ステップアップ歯科助手ガイドブック第2版」にインレー修復治療の流れが書いてあり、流れがイメージしやすいと思います。
歯を削るタービンやコントラ(マイクロモーターハンドピース)、バーとポイント、エキスカその他の器材の写真も大きいです。
これらは見分けがつきにくいので、大きい写真だったのも良かった点です。
インレー(小さい銀の詰め物)に関しては「新人歯科衛生士・デンタルスタッフポケットマニュアル」よりも詳しいです。
※インレーの手順
参考書として使いやすいのは、しいて言うなら「ステップアップ歯科助手ガイドブック第2版」かな。
 
【印象採得】
印象に関しては「新人歯科衛生士・デンタルスタッフポケットマニュアル」の方が詳しいです。
アルジネート印象材(アルギン酸印象材)というピンクの粉の練和(練ること)の流れと練り方が細かな写真付きで載っています。
また、「ムラなく、全体がペースト状になったら、気泡を抜くように、ラバーボールの内側に押しつけて・・・」など、先輩歯科助手が練りながら説明してくれたことがそのまま書かれていたので、それだけ実務に沿って詳しく書いてあるということがわかりました。
他にも練ったアルジネート印象材のトレ―への盛り付け方も、何枚も写真を用いて解説されていて良かったです。
本がポケットサイズなので、写真は小さいですが枚数は多いです。

シリコン印象材も「レギュラータイプ」「インジェクションタイプ」「オートミックスタイプ」の3種類あり、歯科医院によって使用する種類が違います。
「新人歯科衛生士・デンタルスタッフポケットマニュアル」には、3種類とも練和手順ごとに写真での細やかな解説になっています。
だからこの本は幅広く実務に向いていると思いました。
もちろん「ステップアップ歯科助手ガイドブック第2版」にも印象採得が写真付きで載っていますが、サラッと書いてあるだけです。

新人歯科衛生士・デンタルスタッフポケットマニュアル」は、本の名前の通り、歯科衛生士と歯科助手向けの内容なので、歯科助手が行うことはできませんが、例えば印象トレーを患者さんの口に入れる等のやり方も、写真を豊富に使用して丁寧に解説しています。

「ステップアップ歯科助手ガイドブック第2版」で調べてから「新人歯科衛生士・デンタルスタッフポケットマニュアル」も見るようにしていました。この方法が1番勉強になりました。


ランキングに参加しています。
クリックお願いします!
にほんブログ村 就職バイトブログへ
にほんブログ村


前の記事 インレーの手順
次の記事 咬合採得と印象採得【歯科動画】

関連
自宅学習で役立った本
歯科での違法行為【具体例】
研修期間のエピソードと勉強内容
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 医療業界
ジャンル : 就職・お仕事

コメント

Secret

プロフィール

むっちゃん072

Author:むっちゃん072
虫歯治療などでお世話になる「近所の歯医者さん」的な歯科医院に未経験・無知識で就職(パート)しました。
歯科はについては、歯科知識や専門用語、治療の流れ等も全く知らなかったので悪戦苦闘しましたが、今はようやく安定して歯科助手の仕事を続けています。

リンクフリー
相互リンク募集中

カテゴリ

[PR]

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

[PR]

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。