FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化学物質過敏症治療と健康保険

【化学物質過敏症(CS)の治療】
生活上、原因となる化学物質を避けたり遠ざかることしかないようです。
とはいえ原因となっている物質は特定できないので、換気などをして体調が悪くなる場所の環境を改善するなどの対処しかないようです。
治療はというと、
・原因物質からの隔離
・身体状況の改善
・体内からの有害物質の排出
のようです。(参考:石川哲 公衆衛生1997 看護1998)


【保険の適用】
「化学物質過敏症」が病名として認められ、健康保険が適用されています。
おかしいなと思ったら早めに病院を受診して下さい。
※対応できる病院が少ないのが現状だそうです。
「かなりあ猫のひとりごと」かなりあ猫さんコメントより)


化学物質過敏症がひどくなると、原因物質を避けるのも、環境を改善するのも自分ひとりの努力では限界があるので難しくなります。
それに今自分は大丈夫でも、患者さんで何らかの化学物質に過敏な方が来られるかもしれないし、自分や身近な誰かが今後発症するかもしれません。
これを機に一人でも多くの方に化学物質過敏症の理解が深まることを願っています。

ランキングに参加しています。
クリックお願いします!
にほんブログ村 就職バイトブログへ
にほんブログ村


前の記事 化学物質過敏症の原因になり得る物質
次の記事 リンク集(化学物質過敏症ブログその他)
関連
化学物質過敏症と歯科での予防
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お仕事
ジャンル : 就職・お仕事

コメント

Secret

プロフィール

むっちゃん072

Author:むっちゃん072
虫歯治療などでお世話になる「近所の歯医者さん」的な歯科医院に未経験・無知識で就職(パート)しました。
歯科はについては、歯科知識や専門用語、治療の流れ等も全く知らなかったので悪戦苦闘しましたが、今はようやく安定して歯科助手の仕事を続けています。

リンクフリー
相互リンク募集中

カテゴリ

[PR]

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

[PR]

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。