FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注射針の取り扱いと針刺し事故防止方法

歯の治療では麻酔を打つことが多いですね。
その時の注射針の取り付けは歯科助手が行い、Dr.が持ちやすいようにして手渡します。

私が自宅学習で使った「新人歯科衛生士・デンタルスタッフポケットマニュアル」には、カートリッジ式の手動注射器、電動注射器両方のセットの仕方や麻酔の種類と解説が、細やかな写真付きで分かりやすく載っています。
私の勤め先はDr.が2人いて、主に手動式を使うDr.と主に電動式を使うDr.なので、この本があって助かりました。
初めは先輩助手が麻酔の用意をしているのを横で見ていたのですが、先輩助手があまりにもパパッと手際よく素早くこなすので、メモも追いつかず、付いて行くのがやっとの状態だったからです。


自宅学習で使ったもう1冊の「ステップアップ歯科助手ガイドブック 第2版」には、麻酔注射器のセットの仕方までは載っていませんでしたが、針刺し事故防止の注意点や防止法について書かれていて、使用済み針にキャップをする時に慎重に行う様子の写真もありましたし、針刺し事故が起きた場合の処置手順も書かれています。
(テキストに書いてあると心強いですよね^^)
「新人歯科衛生士・デンタルスタッフポケットマニュアル」には針刺し事故については書かれていませんでした。

実は針刺し事故防止の写真を見た時、ハッとした事があります。
私が仕事中に実際に使用済み注射針にキャップをした時のことです。
私はペンにキャップをはめる時と同様に使用済み注射針にキャップをしました。
すると横で見ていた先輩助手が「あっ!」と言って、「それは危ない。」と注意してくれました。
私は一瞬何が危ないのか分かりませんでした。
先輩は「患者さんに注射をしたものだから、それがもしも指に刺さったら危ないから。使用済みのものだから。。。使用済みのものだから。」と使用済みを強調して言われました。
そういえばこのことについては、初めて麻酔の取り扱いを見学した時に教わっていたのです!
患者さんの中には感染症を患っている方もおられるので、と。
なのに私はそれをすっかり忘れていたし、医療現場で働いているという自覚もまだまだ浅い自分を恥ずかしく思いました。
たぶん働き始めて3日目位だったので何もかも浅いのですが。。。
そして後から自宅学習で本(ステップアップ歯科助手ガイドブック 第2版)に針刺し事故についてを見た時にハッとしたのです。
自宅学習をし始めて日も浅いので歯科助手業務の全体を把握できていなくて当然なのですが、先輩助手が教えてくれたことはほとんどこの2冊の本に書かれているからです。

実際、使用済み注射針のキャップをする(リキャップ)は、ペンのキャップのように何気なくサッとするのではなく、先のとがった2つの物の先端と先端を合わせるようにして針刺し事故を防止します。
2冊の本については「歯科 自宅学習で役立った本」や本の比較のカテゴリを見て下さい。


ランキングに参加しています。
クリックお願いします!
にほんブログ村 就職バイトブログへ
にほんブログ村


前の記事 歯の詰め物・被せ物全般のセットで基本的に準備するもの
次の記事 歯科助手の髪の色
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お仕事
ジャンル : 就職・お仕事

コメント

Secret

プロフィール

むっちゃん072

Author:むっちゃん072
虫歯治療などでお世話になる「近所の歯医者さん」的な歯科医院に未経験・無知識で就職(パート)しました。
歯科はについては、歯科知識や専門用語、治療の流れ等も全く知らなかったので悪戦苦闘しましたが、今はようやく安定して歯科助手の仕事を続けています。

リンクフリー
相互リンク募集中

カテゴリ

[PR]

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

[PR]

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。